水の備蓄量はどれくらい必要?1日の水分摂取量とおすすめの保存方法

目安時間:約 5分

私たち人間の体は、

水分で構成されている割合が多く、

成人であれば体重の約60%が水分でできていると言われています。

 

一体、どれくらいの水分を摂ればいいの?

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

というわけで今回は、

 

非常時に必要な水の備蓄量

 

1日に必要な水分摂取量

 

など、おすすめのアイテムとともに紹介したいと思います。

 

ここ近年は、地震などの災害が多い状況です。

かけがえのない大切な命を守るために非常時に備えましょう。

 

是非とも参考にされてくださいね。

 

 

おすすめのミネラルウォーターが知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

クリスタルガイザーはシャスタ産がなぜ人気?オランチャ産との違いは?

 

水の備蓄量はどれくらい必要?

 

 

必要な水の備蓄量は、

水3リットル×3日分=9リットル

と定義されることが多いです。

 

この1日3リットルというのは主に、

 

飲料用、食事用

 

に占める水の量であり

排泄・風呂などの生活用水は含まれていないと考えるのがいいと思います。

 

なので、備蓄していた水が傷んだ際には、生活用水として利用することをおすすめします。

 

 

1日に必要な水分摂取量

 

人間は、1日に2~3リットルの水分を体外に排出すると言われています。

これはあくまでも成人の平均であり

 

体重÷30=1日に必要な水分摂取量

 

と算出することもできます。

 

人間は汗や、尿などの排泄物のように

目に見えるものだけではなく

呼吸や皮膚を通じて目に見えない形でも排出されています。

 

その為、排出された分の水分を摂取する必要があるのですが

飲料水で約1.5リットル~2リットル

の水分を摂取し食事で残りの水分を摂取することになります。

 

 

 

おすすめの水の保存方法

おすすめの水の保存方法は2通りあります。

 

①ペットボトルのミネラルウォーター

 


②ウォーターサーバー用の水

 

ウォーターサーバー用のボトルは1本あたり12リットルも入っています。

しかし、ウォーターサーバー用の水は

500mlのペットボトルと比べるとコストパフォーマンスが悪いです。

ウォーターサーバーを愛用されてる方は

必要量確保しておいて随時補充していくのもいいですね。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!?

 

非常時に必要な水の備蓄量と

1日に必要な水分摂取量

がお分かりいただけましたか?

 

これまでに非常時の水を準備されていた

方は、この機会に消費期限や備蓄量などを確認してみて下さいね。

 

 


1000円OFFクーポン!

お得にモラえる、タメせる!
試供品や新商品を無料でもらえて、送料関係費のみでお得に試せます♪
  【おすすめアイテム】
【人気記事ランキング】
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報