超音波加湿器の効果やメリットデメリットとおすすめ製品を紹介します!

目安時間:約 7分

色々な種類のある加湿器の中でも
最近人気なのが超音波加湿器です!
従来の加湿器と比較して見た目が
大変オシャレでインテリアとしても
若い女性を中心に好まれています。
今回は超音波加湿器の効果やメリット、
デメリットとおすすめの加湿器を
御紹介します。これからまだまだ
乾燥する時期が続きますので空気を
清潔に保って病気を予防しましょう!

超音波加湿器の効果やメリット

ではまず超音波加湿器の効果や
その特徴について説明していきます。

 

◆超音波加湿方式の効果
超音波の力で水を微細な粒子に
分解して放出するので保湿力も
高いものとなっています。

 

また、加湿器から放出される粒子は
熱くなりませんので火傷の心配がなく
小さいお子様のいらっしゃる家庭でも
安心て利用することができます。

 

 

◆動作音がとっても静か
動作音は約35dB前後と非常に静かです。
ちなみに、
・20dB:葉が触れ合う音、置時計の秒針
・30dB:深夜の郊外、ささやき声
・40dB:図書館、昼間の静かな住宅地

 

上記の音量と比較すると動作音が
静かなことが良く分かりますね!

 

 

◆本体価格が安い
中には高価な製品も御座いますが、
超音波式加湿器は加湿する装置が
小型である為、本体価格が安く、
2000円~3000円台で購入できるものも!

 

 

◆省エネで電気代が安い
本体価格だけでなく電気代も非常に安いです。
1日8時間毎日使用しても1ヶ月の電気代は
約70円台~100数十円台と非常に経済的!

 

 

◆インテリア性が高くてオシャレ
どんな部屋にも合わせることが出来る
無駄のないシンプルなフォルムから、
可愛らしいフォルムと色々なデザインが
ありますのでお部屋の雰囲気に応じた
インテリアとしての役割も果たしてくれます!

 

 

◆アロマと組み合わせて効果をプラス
アロマ対応の製品が多い為、お好みの
香りと潤いの相乗効果により、
身も心もリラックスすることができます。

 

 

超音波加湿器のデメリットは?

 

●マメな掃除やお手入れが必要
除菌が十分に出来ていれば雑菌を
空気中に撒き散らすことは防げますが、
スチーム式のように加熱しておらず、
気化式のようにフィルターを通さずに
空気中に排出しているのでしっかりと
掃除が出来ていないと雑菌だらけの
吸い込んでしまう事になります。

 

 

●設置場所に注意!
パソコンなどの電子機器の近くに
設置してしまうと故障の原因に・・・
家具や壁、天井やカーテン近くなんかも
注意が必要となります!

 

 

今大人気のおすすめ超音波加湿器

今回紹介させていただくおすすめの

超音波加湿器を取り扱っているのは

モダンデコというショップになり

加湿器以外にも多数オシャレな

インテリアを販売されていますので

一度御覧になってみて下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

それでは超音波加湿器の紹介です!

 

モダンデコ PRESSE

 

こちらは今一番人気があります
モダンデコのPRESSEです!

 

形状が「タワー型」加湿器になるので
ミストを高く放出して床に落ちる前に
ミストが自然蒸発し加湿器の周りが
濡れにくくなっています。

シンプルなデザインは他のインテリアに
自然と馴染むシルエットです。

 

 

モダンデコ brume

 

こちらの加湿器の特徴は給水が
上部給水タイプになりますので、
重い給水タンクの持ち運びが不要で
床を水で濡れる心配もありません。
もちろん、従来型のように
取り外しての吸水も可能です。

 

加湿器超音波加湿器上から給水大容量5l送料無料超音波式加湿器卓上オフィスおしゃれオシャレ木目調簡単上部給水アロマアロマ加湿器タイマー水位ライト大型静音エコ省エネ子供部屋寝室

 

 

モダンデコ PETIT

 

しずく型のキュートなフォルムが
特徴的で大人気の超音波加湿器です。
水滴をモチーフにしたデザインが
可愛らしい雰囲気を演出します。

 

7色のグラデーションで変化すLEDも

非常に幻想的ですね!

加湿器あす楽送料無料アロマ卓上オフィスおしゃれ超音波加湿器アロマ加湿器大容量エコ木目調ウッドしずく型ドロップ型PETIT

まとめ

いかがでしたでしょうか!?
皆様も御家庭の雰囲気に合った
超音波加湿器を選択して空気を
オシャレなインテリアとしても
楽しみ空気も清潔に保ちましょう!

 

では、皆様の良きショッピングライフを・・・

 


1000円OFFクーポン!

お得にモラえる、タメせる!
試供品や新商品を無料でもらえて、送料関係費のみでお得に試せます♪
  【おすすめアイテム】
【人気記事ランキング】
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報